登山ブームとカナディアンロッキー

ひと昔前に巻き起こった登山ブームも、1990年から2000年前後にかけて、やや衰退の兆候をみせていましたが、若い世代を中心とした最近の登山人気も手伝って、再び登山ブームの兆しが見えはじめてきています。

日本国内の山にも魅力的な山々は幾つも存在しますが、海外に目を向ければ、それ以上に魅力的な山々が多数存在することは否定できません。雄大なロッキー山脈が南北に連なる北米大陸、登山のメッカ・アルプス山脈が連なるヨーロッパ、キリマンジャロで有名なアフリカ、ヒマラヤで有名な中央アジアなど、世界には登山家には憧れの山が数多く存在します。その中でもロッキー山脈の北側にあたる「カナディアンロッキー」は、本格的な登山から初心者でも登れる登山、また観光客でも楽しめるハイキングコースなど、バリエーション豊かな登山を好みに応じて楽しむことができます。

カナディアンロッキーを訪れるのであれば、登山(ハイキング)は絶対に外したくないオプションといえるものです。登った時の達成感はもちろん、そこで見たロッキーの雄大で広大な景色は、「また登りたい」と思わせるには十分すぎるものとなるはずです。カナディアンロッキーの登山は、ただ登るだけではなく、登る楽しさと、登った時の達成感、山から降りた後の充実感、そして時間が経った後に感じる「いつかもう一度」という思いや、カナディアンロッキーの中でも「今度は違う山も登ってみたい」という期待感を持つことができる登山だと思います。